債務整理を依頼するのに、弁護士と司法書士でどう違いますか?/債務整理は法律事務所ホームワンの弁護士へご相談ください

0120-316-279 ご相談予約受付5:30-24:00(土日祝も受付) Web相談申込
Q.

債務整理を依頼するのに、弁護士と司法書士でどう違いますか?

請求できる金額、訴えることのできる裁判所、自己破産・個人再生の申立てができるか否かに違いがあります。弁護士には代理権の範囲に制限がありません。

弁護士と司法書士では、裁判をする際の代理権の範囲にこのような違いがあります。
司法書士は、簡易裁判所で扱う事件(140万円以下)に限って弁護士と同様の権限を有します。しかし、過払い金請求金額が140万円を超える場合は、地方裁判所に申し立てる必要があるため、司法書士では申し立てることができず、弁護士に依頼する必要があります。また、自己破産、個人再生は地方裁判所に申し立てるため、代理人申立てをおこなう場合は弁護士に依頼する必要があります。司法書士に債務整理を依頼した結果、任意整理では解決できず、自己破産や個人再生などの手続が必要となった場合には、改めて弁護士に依頼し直すか、司法書士に書類を作成してもらって、依頼者本人で申立て(本人申立て)をすることになります。
借金の額が大きい方や、自己破産、個人再生をする方、自分がどんな方法で債務整理すればいいのか分からない方は、代理権の範囲に制限のない弁護士に相談することをお勧めします。

債務整理について、お気軽にご相談ください。

お電話からの無料相談

WEBからの無料相談 0120-316-279