取引履歴が手元にないのですが、依頼できますか?/債務整理は法律事務所ホームワンの弁護士へご相談ください

0120-316-279 ご相談予約受付5:30-24:00(土日祝も受付) Web相談申込
Q.

取引履歴が手元にないのですが、依頼できますか?

多くの貸金業者は取引履歴を開示します。お手元に記録が残っていない場合でもご相談ください。

平成17年7月の最高裁判決で、消費者金融やクレジット会社等の貸金業者は保存している取引履歴を開示する義務があることが認められました。そのため、多くの貸金業者は、保存してある取引履歴の開示請求に応じます。
ただし、貸金業者の中には、古いデータを破棄して保存していない等の理由で、取引履歴の開示を拒んだり、履歴の一部の開示に応じなかったりするところもあります。データが破棄されてしまった場合でも、残っている資料を元に取引履歴を推定して過払い金を請求することも可能です(推定計算)。
お手元に領収書等の記録が残っていない場合でも、相談が可能です。
ただし、資料がない場合、その期間、過払い金の回収ができないことがあります。資料をお持ちの方は破棄しないようにお願い致します。

債務整理について、お気軽にご相談ください。

お電話からの無料相談

WEBからの無料相談 0120-316-279