クロスシードの破産と過払い金返還請求

クロスシード株式会社(平成24年1月31日に、ネオラインキャピタル株式会社から現社名に変更)は、平成25年12月26日破産開始決定がなされ、現在破産手続き中ですが、配当表が確定し、配当率は2.15197%となりました。100万円の過払金債権を持っている人に対し、2万1519円配当されることになります。
しかし、クロスシードと取引のあった方の多くは、それ以前にクラヴィス、プロミス(現SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)との取引をしており、この分の過払い金をプロミスから回収できる可能性が大きいので、注意が必要です。
なお、クロスシードは、ロイヤル・ローンから、ロイヤル信販、ライブドアクレジット、かざかファイナンス、ネオラインキャピタルと、次々に名前を変え、そして現在の名前に変わっています。

クラヴィス、サンライフ時代、プロミス時代に生じた過払い金を全額請求できる場合

クラヴィス(旧リッチ、シンコウ、東和商事、クオークローン)との契約が、プロミスとの契約に切り替えられ、今度はプロミスから借りるようになった場合です。この場合、プロミスはクラヴィスとの間で、クラヴィスが負担する過払い金債務は引き受ける旨の契約をしています。このため、クラヴィス時代に生じた過払い金もプロミスに請求できるのです。当然、プロミスに取引が移った後、プロミスに対して生じた過払い金についても、プロミスは返還義務を負っています。
サンライフの場合も、上記のようにプロミスとの契約に切り替わった場合は、顧客はサンライフ時代に生じた過払い金もプロミスに請求できることとなっています。
クロスシード時代に生じた過払い金はクロスシードに請求することになります(後述)。

プロミス時代に生じた過払い金だけを請求できる場合

クラヴィスが契約を切り替えることなく、債権をプロミスに譲渡した場合です。この場合は、顧客は、クラヴィス時代に発生した過払い金をクラヴィスに、プロミス時代に発生した過払い金はプロミスに請求することになります。 クロスシード時代に生じた過払い金はクロスシードに請求することになります(後述)。

自分は、上の二つのどちらに該当するか

どちらの場合も、ご本人からすると、以前クラヴィスとの取引だったのが、ある時期からプロミスに切り替わったという記憶しかなく、ご本人の記憶だけではどちらとも判定できません。実際、クラヴィス、プロミスから取引履歴を取得して、その履歴から判断するしかないのです。ホームワンにご依頼いただければ、ホームワンの方で判断し、プロミスから過払い金を回収します。

クロスシードに対して債務を完済した方

これらの人は、クロスシード株式会社に対する過払い金をお持ちですが、破産手続に従って取り扱われることになります。

1. 過払い金をどうやって請求するのか

破産手続では、破産管財人がクロスシードの財産を全て現金に換え、まず破産管財人への報酬、税金、給与・退職金等に支払った後、その他の債権者(過払い金債権者もこの中に入ります)に配当をします。

2. クロスシードに対して訴訟を起こし、判決をもらっている場合、優先的に支払を受けられるか

他の債権者と立場は同じです。優先的な扱いは受けません。破産前にクロスシードと和解をしていた方なども同様です。

3. 今何をすべきか

裁判所から送られてきた債権届出書を提出済みの方は、今後、配当が実施されることになったら、再度、裁判所から書類(配当額に関する通知や、配当を受け取る口座を指定する書類など)が届く見込みです。それまでお待ちください。
なお、債権届出書の提出期限は、平成26年6月23日までとされていました。そのため、それまでに債権届出書を提出していなかった方は、原則として、配当を受けることができません。ただし、債権届出期間を経過していても裁判所で債権調査を行なっているという事情がであれば、例外的に受け付けてもらえる可能性もありますので、急いで「クロスシード株式会社破産管財人室コールセンター」(連絡先は後述)まで連絡してください。

4. 過払い金は自分で計算する必要があるのか

計算は破産管財人がしてくれます。大阪地方裁判所から、破産債権届出書が届いた場合、その届出書に過払い金額が書かれています。それに従って、裁判所に書類を提出して、配当金を受領することになります。

5.どのくらいの過払い金が返ってくるのか

今のところ全く分かりません。クロスシードの財産を売ったお金を全部かき集めても、破産管財人報酬、税金、給与等に支払うと一切残らないということもありえます。その場合は、裁判所から通知も、配当もないまま、手続は終了します。

クロスシードに対して支払い中の方

1. 今後の支払いはどうするのか

支払は止めてしまって結構です。今、お支払い中の方には、利息制限法の定める正しい利息で計算し直せば、過払い金の出る人と、借金が残ってしまう人と、二通りの方がいます。そのどちらにあたるかは、破産管財人のほうで計算して、教えてくれます。その計算が終わるまでお支払いは止めてください。

2. 支払を止めた後で、もし借金が残っていると、分かった場合不利益を受けないか

その間支払をしなかったことを理由に、その間の利息をとったり、一括請求はしないと破産管財人は言っています。

3. 借金が残っている人はどうやって返済するのか

返済用の口座についてなど、破産管財人からホームページなどを通じて連絡があります。

破産管財人の連絡先

クロスシード株式会社破産管財人室コールセンター
電話番号:03-4330-3630
受付時間:午前10時から午後5時まで(土日祝日を除く)
ホームページ:http://www.crossceed-kanzai.jp/

貸金業者の動向 関連ページ

債務整理について、お気軽にご相談ください。

お電話からの無料相談

WEBからの無料相談 0120-316-279