エポスに対する過払い金返還請求/債務整理は法律事務所ホームワンの弁護士へご相談ください

0120-316-279 ご相談予約受付5:30-24:00(土日祝も受付) Web相談申込

エポスに対する過払い金返還請求

エポスカードの最近の動向

2004年10月
株式会社マルイカード設立

2014年10月
エポスカード、ゼロファーストを吸収合併

エポスカードについて

エポスカードのサイト

エポスカードは、2004年10月株式会社マルイカードとして設立され、2005年4月丸井株式会社(現株式会社丸井グループ・東証一部上場企業)からクレジット事業を譲渡され、2004年3月に現在の株式会社エポスカードに社名を変更しました。
現在は、株式会社エムアールアイ債権回収とともに、丸井グループの子会社となっています。

以前は、消費者金融事業として、ゼロファーストという会社が同グループに存在していましたが、2014年10月にエポスカードに吸収合併されています。
そのため、丸井、ゼロファーストと取引していた方は、エポスカードに過払金を請求する必要があります。

エポスカードの過払いについて

ゼロファーストと取引をしていた方も、エポスカードに請求すれば、取引履歴を出してきます。

任意交渉の段階においても、裁判上での請求についても比較的スムーズに和解が出来ています。
なお、2007年3月あたりから、利息制限法上の利率で貸すようになったため、2007年以降から取引を開始している場合は、過払い金が発生していない可能性が高いです。

エポスカード過払いの注意点

1996~1997年以前の取引は、履歴がないと主張し、開示してくれません。

以前、エポスカード(当時は丸井)は、リボルビング払いでの貸付をしておらず、「月100万円を10回払い」で、「月5万円を3回払い」でといった貸付の仕方(元利均等払い)をしていたため、支払の終わった取引の記録は、一定期間が過ぎると次々に廃棄してしまっていたからです。

ただ、証拠となる明細書や通帳などを持っている場合、推定計算に応じてくれるケースもあるので、詳しくは当事務所へご相談ください。

なお、他のクレジットカード同様、エポスカードもショッピング利用での残高がある場合、過払い金と相殺の対象となります。

貸金業者の動向 関連ページ

債務整理について、お気軽にご相談ください。

お電話からの無料相談

WEBからの無料相談 0120-316-279