過払い金返還請求交渉を自分でやること/債務整理は法律事務所ホームワンの弁護士へご相談ください

0120-316-279 ご相談予約受付5:30-24:00(土日祝も受付) Web相談申込

過払い金返還請求交渉を自分でやることについて

業者と交渉するとき

相手方は必ず低い金額で和解しようとしてきます。その金額を納得できなければ裁判をするしかないのですが、裁判を自分一人で行う自信がないため、低い金額での和解に応じざるを得ないことになってしまいます。

裁判になったとき

日本の裁判は書面での主張論が中心になりますが、書面の作成には法的知識と高度な文章力が必要となります。

裁判で当方の主張と相手方の出張がぶつかり合った場合、裁判所からその中間的な金額で和解するよう勧められることがよくありますが、法的知識がないと見通しが立てられず、いくらで和解した方が有利かどうかの判断がつきません。
また、裁判になると業者から様々な主張がなされるため、それに対し適確に反論していく必要があります。ソフトで計算した過払い金額を示すだけでは、裁判ではなかなか勝てない場合が多いのです。

債務整理について、お気軽にご相談ください。

お電話からの無料相談

WEBからの無料相談 0120-316-279