「過払い金返還事情 2014秋」編 | ラジオ放送

2014年9月9日に文化放送「くにまるジャパン」に出演した際に話した内容を掲載しています。 テーマは「過払い金返還事情 2014秋」です。

パーソナリティ
今日は最近の過払い金返還事情について伺います。
まだまだ100万円以上の過払い金の返還を受ける方がいらっしゃるそうですね!
弁護士
ホームワンに依頼された方の中で、今年の1月から8月までに、過払い金が戻ってきた方はおよそ5,000人いらっしゃいます。
そのうち100万円以上の方は、およそ1,700人、35%です。
そして、過払い金が戻ってきた5,000人を金額の多い方と少ない方の2つのグループに分けると、真ん中にいる方は、およそ60万円です。
パーソナリティ
多い方の半数の方は60万円以上、戻ってきたわけですね。
弁護士
はい。それに対して、全体の平均額は、およそ110万円となります。
パーソナリティ
単純に真ん中にいる人をみると、60万。平均だと110万。とすると、高額が戻ってきた方が平均をおしあげているわけですか?
弁護士
はい。中には高額戻ってきた方がいらっしゃいます。
たとえば、今年の春、500万円以上戻ってきた50代の方のケースだと、5つの借入れ先に対して、すべて返済を終わってからご相談いただいたのですが,貸金業者との取引期間が25年以上と長期に渡っていたので、高額の過払い金が発生していたというわけなんです。
パーソナリティ
なるほど。
弁護士
この方のように、長い間返し続けていたシニア層の方ほど、たくさんの過払い金を受けられる傾向があると言えそうなんです。
実際、最近、シニア層の相談が増えています。
ただし、借金を返し終えた方は、返済に追われなくなったので、相談するのを後回しにしていたという印象がありますね。
パーソナリティ
でも、中原弁護士から伺いましたけど、過払い金返還請求には時効がありますよね。
弁護士
返し終えてから10年で時効になります。
そうなるとどんなに高額の過払い金があっても取り戻せなくなってしまいます。心当たりのある方はお早めにご相談いただきたいと思います。
あまり高額にはならないだろう、という方も、あるいは、自分に過払い金があるのかどうかわからない、という方も、とにかく気軽にお電話いただきたいと思います。
パーソナリティ
過払い金の金額は、計算すればわかるんですよね。
弁護士
借金を返し終えた方も、まだ返済中の方も、過去のお金の貸し借りの記録を取り寄せて、利息制限法の金利に引きなおして再計算します。
これで、過払いがあるかどうか、あるとしたらいくらになるのかがわかります。「ある」とわかったら、あとは交渉なんですが、現在、これがけっこうシビアになっています。
業者の中には、経営状況の悪化から、「返還する金額をまけてほしい」と言ってくるところがあります。
こうした業者から、任意の交渉で、満額を回収することは、困難になります。
パーソナリティ
計算上過払い金が「ある」過払い金が満額「戻る」とは限らないんですね。
弁護士
はい。「ある」と「戻る」は大違いで、どれだけ戻るかは交渉次第です。
そして,業者の提案金額より多取り戻したいという場合には、裁判を起こします。
ただし、裁判は時間がかかりますから、その途中で業者が倒産してしまう危険性も無くはありません。このへんは痛し痒しです。
パーソナリティ
なかなか厳しい状況になっているわけですね。
それでも、ホームワンでは、冒頭でお伝えしたように今年に入ってからだけでも、およそ5,000人の方に過払い金が戻ってくるお手伝いをしてきた、ということなんですね。
弁護士
その通りです。
ラジオをお聞きの方も「自分にも過払い金があるかもしれない」と思われたら、ぜひ、この機会にご相談いただきたいと思います。

ブラックリストについて 関連ページ一覧

債務整理について、お気軽にご相談ください。

お電話からの無料相談

WEBからの無料相談 0120-316-279