過払い金のよくある質問

過払い金は、具体的にどうやって発生するんですか?

利息制限法の上限よりも多く利息を支払い続けることで発生します。

詳しくは下記の「過払い金が発生する条件とは?」の項目をご覧ください。

過払い金とは?

過払い金の回収は弁護士や司法書士しかできないのですか?

ご本人が返還請求をすることも可能です。

弁護士や司法書士でなくても、借入れされている本人が返還請求をすることも可能です。ただし、借り手自身が過払い金を請求しても貸金業者側は、誠実に交渉に応じてくれないことがあり、その場合、ご自身で訴訟を提起する必要があります。

また、司法書士は、取り扱える金額が140万円までに制限されていますが、弁護士にはそうした制限がありません。弁護士に相談することが解決への近道になります。

過払い金返還請求の交渉について 弁護士と司法書士の違い

自己破産や個人再生を申し立てる予定でも過払い金の返還請求はできますか?

できます。

場合によっては、過払い金を回収し、そのお金を他の貸金業者の返済にあてることで、自己破産せずにすむこともあります。

取引履歴の開示義務は貸金業者にありますか?

特段の事情のない限り、開示する義務があります。

最高裁は、特段の事情のない限り、取引履歴を開示すべき義務を負うと判決しました。以来、業者は手元に履歴があれば全部明らかにするようになりました。ただし、古い記録は廃棄してしまって、開示できないといってくる業者はあります。

いつから借りていたか、中断期間があったかも覚えてません…

ホームワンが貸金業者に取引記録を開示請求します。

貸金業者はそれまでの取引履歴をすべて記録していますので、ホームワンがお客さまに代わって開示請求をします。分かる範囲で今までの借入れ状況をお伝えください。

過払い金と時効

返済し終わってから時間が経っているのですが…

過払い金の時効は10年です。

また、取引の中断期間の有無により、請求できる金額は変わります。お早めに弁護士にご相談ください。

過払い金と時効

Webから無料相談を申し込む

無料相談Web予約

過払い金返還請求に関する無料相談・無料調査はこちらからどうぞ。全国対応、お気軽にご相談ください。