司法書士と弁護士だと何が違うのですか?/任意整理は弁護士へご相談を。法律事務所ホームワン

0120-316-279 ご相談予約受付5:30-24:00(土日祝も受付) Web相談申込
Q.

任意整理を司法書士に頼むと、弁護士に頼むとでは何が違うの?

司法書士は、経済的効果が140万円以上となる交渉、訴訟はできません。また、簡易裁判所に管轄を有する事件に限定されます。弁護士にはそのような制限はありません。

以前は、司法書士は代理権を有しませんでしたが、司法書士のうち法務大臣に認可を受け、司法書士会から認定を受けた司法書士(認定司法書士)は、金額140万円に満たない民事事件についてのみ代理権を有することとなりました。
司法書士は、経済的効果が140万円以上となる交渉、訴訟はできないことになりますので、140万円以上減額する任意整理や140万円以上の過払い請求はできません。

また、司法書士の代理権は簡易裁判所が管轄を有する事件に限定されますので、地方裁判所が管轄を有する破産、民事事件の申立代理人にはなれません。
よって、司法書士に依頼をして、破産や民事再生を行う場合にはご自身で申立てをしなければなりません。
[コラム:司法書士と弁護士。訴訟代理権の範囲の違い]

債務整理について、お気軽にご相談ください。

お電話からの無料相談

WEBからの無料相談 0120-316-279