リボ払いと借金問題/債務整理は法律事務所ホームワンの弁護士へご相談ください

0120-316-279 ご相談予約受付5:30-24:00(土日祝も受付) Web相談申込

リボ払いと借金問題

リボ払いとは

リボ払いとは正式には「リボルビング払い」と言い、「支払残高(今後業者に返済しなければならない金額)に応じて、月々あらかじめ決められた額を業者に支払う方法」です。

例えば、支払い残高が10万円未満なら5000円、10万円以上20万円未満なら1万円、20万円以上30万円以下なら1万5000円と業者に支払うルールが決められています。
上記の場合、2万円の靴をクレジットで買ったら毎月の支払いは5000円です。さらに3万円の財布、さらに4万円のコートを買っても、支払残高が10万円に達しないため、毎月の支払いは5000円で変わりません。その上、10万円のバッグを買っても、支払残高が20万円未満のため、毎月の支払いは5000円増えるだけです。

リボ払いのメリットとデメリット

翌月に一括で支払う場合は、自分の払える範囲で買い物をするため、浪費は抑えられます。
一方、リボ払いは「月々の支払いを一定額に抑えられる」メリットがありますが、その反面「ついつい使い過ぎてしまい、支払期間が長期化し、手数料がかさみやすい」というデメリットもあります。

カードを作るときの注意事項

「ポイントがたまる」、「特定のお店で割引を受けられる」、「キャッシュバックがある」などの理由で、ついついカードを複数作りたくなります。何枚もカードを持ち、気軽に利用を重ねると、多重債務の一因にもなりかねません。

できれば、カードは一枚に絞ることをおすすめします。

カードが一枚だけの場合でも、浪費の傾向があるという方は、カードを作るときに、「リボ払いのできない設定する」、「利用限度額を低く設定する」等の工夫をするといいでしょう。
返済が厳しくなってキャッシングをしている方や支払いのために別のクレジットカードを作っている方は注意信号です。

債務整理について、お気軽にご相談ください。

お電話からの無料相談

WEBからの無料相談 0120-316-279