債務整理について

債務整理とは?

「債務整理」とは、多額の借金を負った方が、生活を再建するために、借金の負担を軽減もしくは、免除してもらう手段です。債務整理には、業者との話し合いによって借金を減らす「任意整理(和解)」、法的な手続に則って、裁判所に借金の支払いを免除してもらう「自己破産(破産・免責)」、借金を5分の1に減らす「個人再生」の3種類の解決方法があります。

いずれの手続きでも、弁護士に依頼した場合、貸金業者からの督促は止まります。弁護士から通知を受けた貸金業者は、正当な理由なく債務(借金)の弁済を要求することや、訪問することはもちろん、電話、ファックス、電報等を通じて連絡することも法律で禁止されているためです。

任意整理とは?

任意整理とは、貸金業者と交渉して債務額全体を減らしたり、月々の返済額を減らすことで、現在の支払いよりも負担を軽くする手続きです。弁護士が代理人の場合、依頼者の方と毎月支払いに回せる金額について協議し、業者と和解交渉をしていきます。和解交渉は、自己破産や個人再生などのように裁判所を通す手続きではなく、利息制限法の利率で計算し直した負債額について、貸金業者と、利息のカットや分割回数について交渉し、今後の返済計画を話し合いで決めていきます。

任意整理について

個人再生とは?

個人再生とは、裁判所を通じて債務を減額してもらう、債務整理手続のひとつです。

裁判所に申立書を提出するため、裁判手続に必要な資料収集等の手間はありますが法律に則った形で借金を圧縮(減額)出来るので、一般的には任意整理よりも借金を減らすことができ(概ね5分の1)、それを3~5年間で支払うことができれば、残りの借金は免除されるという手続きです。

例えば、600万円の借金がある人が任意整理をしようとすると、月10万円(5年分割)の支払いが必要ですが、個人再生の場合、借金は5分の1に減額されますので、借金は120万円となり、3年分割で支払うとしても月々約3万円を支払えば良いことになります。

また、自己破産の場合は、原則、所有財産は処分の対象になってしまいますが、個人再生の場合は、住宅や車などの資産を持ったまま手続が出来る事も特徴の一つです。

個人再生に向いている方の特徴としては、こういった任意整理では支払えないような多額の借金を抱えている場合や、住宅等、処分したくない財産がある場合です。

また、自己破産のデメリットである資格制限のある方など、なんらかの理由で自己破産が出来ないような場合があります。

個人再生について

自己破産とは?

自己破産とは、裁判所を通じて財産を清算し、借金を免除してもらうことです。一般的に、「破産手続をとれば借金が免除される」と認識されることが多いですが、厳密には正しくありません。一般的に言われる破産手続は、「破産」という手続きと、「免責」という手続きに分けられます。

破産手続は、財産を処分(換価=現金化)して債権者に配当する、という手続きです。それでも残ってしまった借金を免除してもらうのが、免責手続です。

つまり、自身の収入では返済を継続することができなくなり、処分しうる財産を処分しても、それでも払い切れない借金が残ってしまったら、それを免除してもらいます。この2つの手続きは、基本的にセットで行なわれるため、破産・免責手続を、単に「破産」と呼ぶことが一般的になっています。

自己破産について

過払い金が取り戻せる可能性も

ご依頼後は、貸金業者への支払いは止めてもらい、これまでの貸金業者との取引を取寄せ、利息制限法で定めた利率に基づいて計算した場合、どのぐらいの債務(借金)が残っているか、弁護士が再計算をします。

再計算の結果、残った借金を3~5年(36~60回)程度の分割払いで完済できそうであれば、任意整理を行ないます。任意整理で見通しが立たないときは自己破産や個人再生を検討していくことになります。

なお、利息制限法の定めを超えた利率で長期間の取引があった場合は、利息制限法に基づく利率での再計算の結果、借金が0になり、さらに払い過ぎた利息、いわゆる「過払い金」を取り戻せる可能性もあります。 過払い金があれば、他の業者の借金の返済に充てることで、より余裕のある債務整理も検討することも出来ます

当事務所では、経験豊富な経験な弁護士が、丁寧・適切に対応します。まずはご相談ください。

過払い金について

あなたに合った債務整理とは?

債務整理の種類は、主に上記で上げた任意整理自己破産個人再生の3つです。

ご相談いただくと、まずは、お客様の借入状況、生活状況を聞き取ります。その後、弁護士とお話し合いの上、お客様にとって最適な手続きはどれかを決定します。

ご相談前に、債務整理を検討中のあなたに適した方法はどれなのか知りたい場合は、「借りた時期と利息」と「現在の収支状況」の、2つのポイントから検討してみるのがよいでしょう。「グレーゾーン金利」の説明も含め、具体的な例をあげて、弁護士が解説しています。

あなたに合った債務整理とは?

債務整理のメリット・デメリット

債務整理のメリット

  • 弁護士などが代理人となって手続きを進めることで、直接の催促が止まります。
  • 高い利息で借りていた場合は債務額が減額され、さらに過払い金が発生することがあります。
  • 整理することによって将来への不安が軽減されます

債務整理のデメリット

  • 信用情報に、債務整理手続を取った事実が載ります
  • 信用情報機関(CIC、JICC、全銀協)に5年~10年登録され、その間、新たな借入れができなくなります。

債務整理のメリット・デメリット

ブラックリストについて

ブラックリストについて

よく「ブラックリスト」という名称を耳にしますが、「ブラックリスト」という名前の名簿やリストなどは存在しません。俗に言われる「ブラックリスト状態」とは、例えば債務整理等をした場合、「信用情報」 にその記録が登録されることにより、ローン等の新規申込み時の審査が通りにくくなるような状況を指しているだけです。

「ブラックリストに載った」状態になると、消費者金融への新たな借り入れができなくなる、新しくクレジットカードが作れなくなる等の不利益が発生します。

債務整理をした場合、上記のとおり、その後の借入れについて、審査が通りづらくなるのは先に述べた通りです。しかし、過去に高い金利で取引をされていた方であれば、債務整理をすることで借入れが減額できたり、さらには過払いとなっている可能性もあります。その他にも、今後は利息を支払わなくても済むというメリットもあります。

下記リンク先では、ブラックリストについて専門的な知識も含め、弁護士が詳しくご説明します。

ブラックリストについて

債務整理のよくある質問

「取り立ては止まりますか?」「ブラックリストに載りますか?」「現在無職なのですが、債務整理はできますか?」等、債務整理関する様々な質問に、ホームワンの弁護士がお答えしました。

債務整理のよくある質問

もっと知りたい債務整理