債務整理について

債務整理とは?

債務整理とは、多額の借金を負った方のために、借金を軽減もしくは免除をしてもらう、救済の手続きです。(1)弁護士が貸金業者と交渉し返済額を減らす「任意整理」、(2)車などの資産を維持したまま借金を5分の1に減らす「個人再生」、(3)借金の支払いを免除してもらう「自己破産」の3つの方法があります。

債務整理とは

任意整理

1.任意整理

弁護士が貸金業者と交渉することにより、毎月の返済額を減額し、その人に合わせた返済を行えるようにする

個人再生

2.個人再生

車などの資産を維持したまま、借金を5分の1に減らす。任意整理より、多くの減額が望める。

自己破産

3.自己破産(破産・免責)

法的な手続に則って、裁判所に借金の支払いを免除してもらう。

いずれの方法も、弁護士にご依頼いただくことで、その後の返済や取り立てをストップするというメリットがあります。これはなぜかというと、弁護士から通知を受けた貸金業者は、正当な理由なく借金の取り立てをすることや、訪問することはもちろん、電話、ファックス、電報等を通じて連絡することも法律で禁止されているためです。

あなたに合った債務整理は?

債務整理の種類は、主に上記で挙げた任意整理、個人再生、自己破産の3つです。ご相談いただくと、まずは、お客様の借入状況、生活状況を聞き取ります。その後、弁護士と面談の上、お客様にとって最適な手続きはどれかを決定します。

いずれの手続きをする場合でも、まずは取引期間から減額できるかどうかを確認します。その上で家計状況をみて、残った借金を3~5年(36~60回)程度の分割払いで完済できそうであれば、任意整理を行ないます。任意整理で見通しが立たないときは自己破産や個人再生を検討していくことになります。

ご相談前に、債務整理を検討中のあなたに適した方法はどれなのか知りたい場合は、「借りた時期と金利」と「現在の収支状況」の、2つのポイントから検討してみるのがよいでしょう。

「借りた時期と金利」によって、現在の借金をどのくらい減らせるかを知ることができます。次に、残った借金が返済できるかどうかを判断するために、あなたの「現在の収支状況」をお伺いし、月々の返済に充てられる額を計算します。この結果により、最適な債務整理手続きがどれなのかを知ることができます。

あなたに合った債務整理はどの手続きなのか、こちらのページで、具体的な例を用いて解説しています。

あなたに合った債務整理とは?

過払い金が取り戻せることも

貸金業者は、利息制限法によって定められた上限を超えた「グレーゾーン金利」を利用し、違法に取り続けていましたが、2010年、改正貸金業法および出資法の施行に伴い、「グレーゾーン金利」は撤廃され、上限金利は利息制限法で定められた金利に引き下げられました。

そのため、2010年6月以前に貸金業者と長期間の取引があった場合は、利息制限法に定められた金利で再計算した結果、借金がゼロになり、さらに払い過ぎた利息、いわゆる「過払い金」を取り戻せる可能性があります。 支払う必要のないお金まで支払っているため、当然、貸金業者に対して返すよう請求できます。複数の貸金業者から借金をしている場合、過払い金があれば、他の業者の借金の返済に充てることで、より余裕のある債務整理も検討することも可能です。

弁護士があなたに合った最適な債務整理の方法を見つけ出し、借金による困窮やストレスを軽減し、生活の再建をお手伝いします。

任意整理とは?

任意整理とは

任意整理とは弁護士が貸金業者と交渉し、お客様に合った返済を行えるようにする債務整理手続きの一つです。利息制限法の利率で計算し直した借金に対し、借金全体の減額、月々の返済額の減額、将来利息のカット、返済の分割回数などを交渉し、無理のない返済計画を決めていきます。この方法の特徴は、裁判所を通さずに貸金業者と交渉するため、手続きが簡単なことです。すべての債務整理手続きの中で、もっともよく利用されています。

任意整理で減額できるのは、利息制限法で定められた利率より高い利息の借金です。借入当時から利息制限法以内のキャッシング取引や、ショッピング取引の場合、借金は減額できません。ただし、将来利息がカットされることで、弁護士に依頼せずにそのまま支払うよりも、支払総額が大幅に減額されるメリットもあります。

また、任意整理は、どなたでも利用できますが、借金が減額になるとはいえ、返済を続けていくことになりますので、安定した収入があることが必要です。任意整理後の返済は、3年~5年の間で行っていくことになります。

借金を利息制限法の利率で計算し直した結果、借金がゼロになったり、過払い金が出ることもあります。

任意整理のメリット

  • 弁護士などが代理人となって手続きを進めることで、直接の催促が止まります。
  • 高い利息で借りていた場合は債務額が減額され、さらに過払い金が発生することがあります。
  • 整理することによって将来への不安が軽減されます。

任意整理のデメリット

  • 信用情報に、債務整理手続を取った事実が載ります
  • 信用情報機関(CIC、JICC、全銀協)に5年~10年登録され、その間、新たな借入れができなくなります。

任意整理について

個人再生とは?

個人再生とは

個人再生とは、車などの資産を残したまま、借金を1/5にできる債務整理手続きの一つです。個人再生は任意整理と違い、裁判所への申し立てを行う手続きであることが特徴です。

また、すべての財産を処分しなければならない自己破産とは違い、住宅ローン特例を利用できる場合は、自宅を残しつつ借金を大幅に減らすことができます。

そのため、裁判手続きに必要な資料を集めたり、といった手間はかかりますが、一般的には、任意整理よりも借金を減らすことができ、それを3~5年間で支払うことができれば、残りの借金は免除されます。

どのくらい減額できるかは、こちらのページで解説しています。
個人再生とは?特徴や任意整理、自己破産との違い

個人再生が認められるためには、再生計画に則った弁済(計画通りに借金を支払い終わることができるかどうか)がポイントです。そのため、将来的に継続または反復した収入があることが必要です。

また、個人再生には、「小規模個人再生」と、「給与所得者等再生」の2種類があり、「小規模個人再生」が基本的な手続きとなります。アルバイトや自営業者の方も、要件を満たせば利用が可能です。再生計画(簡単にいえば、今後の支払いスケジュールのようなもの)の成立において、債権者(この場合は貸金業者)の過半数や負債総額の1/2以上の債権者が反対しないことが要件となっています。

個人再生のメリット

  • 弁護士などが代理人となって手続きを進めることで、貸金業者からの催促が止まります。
  • 個人再生は任意整理に比べ、借金の大幅な減額が期待できます
  • 個人再生は自己破産と違い財産は処分せず、また、条件が整えば、住宅を手放さずに手続きができます

個人再生のデメリット

  • 信用情報に、個人再生手続を取った事実が載ります
  • 官報で公告されます

個人再生について

自己破産とは?

自己破産とは

自己破産とは、裁判所に、財産を処分しても、借金の支払ができない状態であることを認めてもらい、財産を清算し、借金を免除してもらう、債務整理手続きの一つです。財産を処分(=破産といいます)し、債権者に配当、それでも残ってしまった借金を免除してもらうこと(=免責、といいます)を一般的に「自己破産」と呼ばれています。

自己破産は、借金が減らない方や、収入が追い付かず、返済を滞納してしまっている方、失業や結婚・離婚等の生活状況の変化により、今後返済に回せるお金のめどが立たない方(=支払い不能、といいます)などのためにある手続きです。

自己破産できるかどうかは、「支払い不能」かどうか、によって決まります。借金が1000万円あったとしても、支払い不能でなければ自己破産は出来ませんし、無職などで収入がなく自身の資力では返済ができない場合は、借金が100万円だったとしても支払い不能ということになり、自己破産することは可能です。

自己破産のメリット

  • 免責手続により債務がなくなり、人生をやり直すことができます
  • 借金がなくなることにより、督促や取り立てもなくなり、精神的に解放されます
  • 今後生活をするために必要な一定の財産、現金は残すことができます

自己破産のデメリット

  • 信用情報に、自己破産手続を取った事実が載ります(いわゆるブラックリストに載る状態になります)
  • ブラックリストの影響によりクレジットカードが使えなくなります
  • 財産を処分する必要があります
  • 官報で公告されます
  • 一部の仕事の資格に一定期間の制限がかかります

自己破産について

過払い金について

過払い金返還請求

過払い金とは、貸金業者に支払いすぎたお金のことです。詳しく説明すると、貸金業者と高い金利で契約した借入を利息制限法で定められた金利で再計算を行ない、本来支払う必要がなかったにもかかわらず、支払っていたお金である過払い金が分かります。過払い金は貸金業者に対して返すよう請求でき、これを過払い金返還請求といいます。

過払い金が発生する仕組みについては、こちらをご覧ください。
過払い金請求とは?過払い金が発生する仕組みと条件

すでに借金を完済している方は、多額の過払い金が発生している場合があります。過払い金には時効があり、貸金業者との最後の取引から10年を過ぎると、取り戻すことができなくなります。

過払い金の時効について

当事務所では、経験豊富な経験な弁護士が、丁寧・適切に対応します。まずはご相談ください。

過払い金について

債務整理のメリット・デメリット

債務整理のメリット

  • 弁護士などが代理人となって手続きを進めることで、直接の催促が止まります。
  • 高い利息で借りていた場合は債務額が減額され、さらに過払い金が発生することがあります。
  • 整理することによって将来への不安が軽減されます

債務整理のデメリット

  • 信用情報に、債務整理手続を取った事実が載ります
  • 信用情報機関(CIC、JICC、全銀協)に5年~10年登録され、その間、新たな借入れができなくなります。

債務整理のメリット・デメリット

ブラックリストについて

ブラックリストについて

よく「ブラックリスト」という名称を耳にしますが、「ブラックリスト」という名前の名簿やリストなどは存在しません。俗に言われる「ブラックリスト状態」とは、例えば債務整理等をした場合、「信用情報」 にその記録が登録されることにより、ローン等の新規申込み時の審査が通りにくくなるような状況を指しているだけです。

「ブラックリストに載った」状態になると、消費者金融への新たな借り入れができなくなる、新しくクレジットカードが作れなくなる等の不利益が発生します。

債務整理をした場合、上記のとおり、その後の借入れについて、審査が通りづらくなるのは先に述べた通りです。しかし、過去に高い金利で取引をされていた方であれば、債務整理をすることで借入れが減額できたり、さらには過払いとなっている可能性もあります。その他にも、今後は利息を支払わなくても済むというメリットもあります。

下記リンク先では、ブラックリストについて専門的な知識も含め、弁護士が詳しくご説明します。

ブラックリストについて

債務整理のよくある質問

「取り立ては止まりますか?」「ブラックリストに載りますか?」「現在無職なのですが、債務整理はできますか?」等、債務整理関する様々な質問に、ホームワンの弁護士がお答えしました。

債務整理のよくある質問例

債務整理のよくある質問

もっと知りたい債務整理

代表弁護士 中原俊明 (東京弁護士会所属)
  • 1954年 東京都出身
  • 1978年 中央大学法学部卒業
  • 1987年 弁護士登録(登録番号:20255)
  • 2008年 法律事務所ホームワン開所

一件のご相談が、お客さまにとっては一生に一度きりのものだと知っています。お客様の信頼を得て、ご納得いただける解決の道を見つけたい。それがホームワンの願いです。法律事務所ホームワンでは過払い金・借金問題に関する相談を受け付けています。

Webからご相談を申し込む

Web相談申込

債務整理・過払い金のご相談や無料調査など、借金問題にかかわることはなんでもご相談ください。