自己破産しても、車を手放さずに済む?自己破産後も車を購入することはできる?

自己破産しても、車を手放さずに済む?

車がなくなってしまうと、日常生活に支障をきたす場合もあるので、自己破産をする際に、自分が所有している車を手放さずに済むのか、自己破産した後でも購入することができるのか、心配されている方が多くいらっしゃいます。 それぞれ、場合に分けて詳しく説明していきます。

自己破産時に所有している車はどうなるか

自己破産時に所有している車は、自動車ローンの支払いが終わっている場合と、支払いが残っている場合とで、処分の条件が異なります。

自動車ローンが残っていない場合

自動車ローンが残っていない場合には、自動車の時価が20万円超である場合に限り、原則として自動車は処分されてしまいます。

自動車ローンが残っている場合

自動車ローンが残っている場合には、ローン会社との契約によりローンを完済するまでの間は、自動車の所有権がローン会社に留保されていることが通常です。そのような場合、自動車の時価に関わらず、ローン会社に自動車を引き揚げられてしまうのが原則です。ローン会社に車を回収されるのは、自己破産の手続きを弁護士に依頼したタイミングです。

自動車ローンを誰かに支払ってもらった場合は?

親や子供にお願いして、ローンを一括で支払ってしまえば、ローン会社の所有権留保は解除され、法的には問題なく、車を残すことができます。これを第三者弁済といいます。

ただし、その時点で所有者はあなたとなってしまうため、上で見たローンが残っていない場合と同様に、車の時価が20万円超の場合、結局、自動車を手放すことになってしまいますので、事前に査定をしておくなど注意が必要です。

配偶者や家族名義の自動車はどうなる?

自己破産手続では、破産者本人の名義の車が処分の対象になります。そのため、配偶者や、子供、親など家族の一員であっても、裁判所から本人以外の名義の車を処分されるようなことはありません。仮に、妻名義の車を夫が利用していたとしても、夫の自己破産手続で、妻名義の車が処分されるようなことはありません。

自己破産後、車を購入できるか

自己破産する前と同じようにローンを組んで車を購入できるわけではありません。 自己破産をしたという情報は、信用情報機関に事故情報として5~10年の間は登録されるため、その期間は審査が通らず、自動車ローンを組むことができません。そのため、自己破産してから5~10年程度は、車の購入はローンではなく、現金払いで行なわなければなりません。

Webから無料相談を申し込む

無料相談Web予約

自己破産・借金問題に関する無料相談はこちらからどうぞ。全国対応、お気軽にご相談ください。