過払い金返還請求のメリット・デメリット

過払い金返還請求のメリット・デメリット

過払い金返還請求のメリット・デメリットとは?

過払い金とは、利息制限法の利率を超えた利率で貸金取引を行なっていた場合、払い過ぎた利息を現在抱えている借金と相殺し、借金が無くなっても、さらに払い過ぎた利息があった場合に、過払い金として手元に返ってくるお金のことです。

そのため、すでに完済している方の場合には、払い過ぎた利息があれば、借金と相殺されることなく、そのまま過払い金となりますので、必ず過払い金が発生していることになります。

過払い金返還請求の最大のメリットは、借金が残っている方の場合は、借金を支払う必要がなくなり、逆にお金が戻ってくる可能性があるということ、完済している場合は、信用情報に掲載されるというようなデメリットもなく、お金が戻ってくることです。

過払い金とは?

過払い金返還請求のメリット

  • 借金がなくなり、払いすぎたお金が戻ってくる。
  • 完済している場合は特にデメリットなく手続が出来る。

過払い金返還請求のデメリット

  • 返済途中で過払い金返還請求をした場合、一時的に信用情報に登録される(ブラックリストに載る)可能性がある。

完済している場合のメリット・デメリット

借金を完済していれば、払い過ぎた利息がそのまま過払い金として戻って来ますので、「過払い金返還請求をした」という事実は信用情報に登録されません。つまり、完済後であれば、ブラックリストに載るというようなデメリットはありません。ただし、完済してから10年で過払い金の請求権は時効になってしまうため、時効になる前に早めに過払い金返還請求をした方がよいでしょう。

過払い金の時効について

完済している場合のメリット

  • 借金と相殺されることもないため、払い過ぎた利息がそのまま過払い金として戻ってくる。
  • ブラックリストのリスクなく、過払い金を取り戻せる。

完済している場合のデメリット

  • 完済日から10年以上経過してしまうと時効になってしまい、過払い金が取り戻せない。

返済中の場合のメリット・デメリット

現在、借金がある方でも過払い金の返還請求は可能です。過払い金があるかどうかを調べてみて、過払い金があったということは、現在返済中の借金はなくなったということです。過払い金返還請求をすることで、借金の返済は不要になり、取り戻せた過払い金を他の借金の返済に充てることも可能ですので、生活収支の改善も見込めます。

ただし、借金返済中に過払い金返還請求をした場合、過払い金が確定するまでの間に、貸金業者が信用情報に「債務整理を行なった」という事実を登録してしまうことがあります。完済前の過払い金請求は、信用情報に影響する(いわゆるブラックリストに載る)場合があることを覚えておきましょう。

返済中の場合のメリット

  • 借金がなくなり、過払い金が戻ってくる可能性がある。
  • 過払い金がなかった場合でも、払い過ぎた利息があれば、現在の借金を減らすことが出来る。
  • 取り戻せた過払い金で生活収支の改善が図れる。

返済中の場合のデメリット

  • 一時的にブラックリストに載る可能性がある。

弁護士・司法書士に頼むメリット・デメリット

過払い金返還請求は、自分で手続きをするか、専門家に依頼するかの選択をすることができます。

大手を含めた大半の貸金業者は、相手が弁護士などの専門家であっても、減額での和解提案をしてきます。法的知識や、貸金業者との交渉の経験のない方だと、貸金業者と対等に渡り合うのは難しいかもしれません。

弁護士や司法書士に依頼した場合は、取引の取り寄せ、利息制限法に基づく引き直し計算、貸金業者との交渉など面倒な手間を一切任せることができます。

お客様は和解するか、裁判をするかといった判断をしていただくだけです。過払い金の金額に関係なく、返還請求の依頼を出来る専門家は、弁護士だけです。

弁護士と司法書士の違い

弁護士・司法書士に頼むメリット

  • 自分で請求するよりも高い金額での和解が期待出来る。
  • 専門家に依頼した場合、裁判で過払い金を請求する場合でも、裁判所への出頭や書類作成等、法的知識がないと出来ない点も任せられる。
  • 弁護士であれば、金額に関係なく、過払い金返還請求を依頼出来る。

弁護士・司法書士に頼むデメリット

  • 弁護士や司法書士などの専門家に依頼した場合、報酬、手数料などの費用がかかるため、回収額の全額を受け取ることができない。

自分で過払い請求するメリット・デメリット

ご自分で過払い金を請求する場合、すべての手続を業者と直接やり取りする必要があります。まず、借入先の業者から取引履歴を取り寄せ、利息制限法に基づいて利息の引き直し計算を行ないます。(業者によっては複雑な取引履歴もあり、専門知識がないと計算すらままならないこともあり得ます

計算により過払い金があることが判明した場合、貸金業者に対して過払い金の返還を請求します。業者によっては、過払い金の返還請求に応じて来なかったり、応じてきたとしても必ず減額した金額で和解しようとするため、返還交渉で和解できなかった場合は、訴訟を提起することになります。

裁判は書面での主張論が中心になりますが、書面の作成には法的知識と高度な文章力が必要となります。また、裁判の途中で、双方の主張がぶつかり合った場合、裁判所から中間的な金額で和解するよう勧められることがあります。法的知識がないと、和解しなかった場合の見通しが立てられず、いくらで和解した方が有利かどうかの判断がつきません。

また、裁判になると相手が代理人として弁護士をつけて様々な主張をしてくる場合もあるため、それに対して適確に反論していく必要があります。

自分で過払い請求するメリット

  • 専門家へ払う費用が発生せず、返還された過払い金すべてを受け取ることができる。

自分で過払い請求するデメリット

  • 回収までに多大な労力と時間が必要。
  • 業者によっては、計算や交渉が難しく、専門知識がないと正確な過払い金の計算が出来ない場合や、交渉に応じて来ない場合もある。
  • 不当に低額の和解金額を提示されることがある。
  • 交渉でまとまらない場合、裁判で解決を図る必要があり、裁判所に出頭する必要がある。
  • 相手方が代理人に弁護士を付けた場合、弁護士と渡り合う必要があり、法律知識が乏しい場合、満足いく回収ができるとは限らない。

ホームワンで過払い請求をお考えの方へ

事務所設立当初から、債務整理分野(過払い金返還請求含む)に力を注いできました。おかげさまで、全国から多くのご相談をいただき、この9年の間で16万件を超える相談実績を積み上げることができました。

当事務所では、ご依頼いただく前に、メリット、デメリット、費用の詳細を丁寧に説明し、お客様が納得した上で、事件を受けるようにしています。また、依頼いただいた後も事件の進捗状況に応じて、詳細に報告・説明をしています。事件の節目(和解するかどうか等)の際には、必ず依頼者の方のご意向をうかがい、ご納得していただいた上で事件を進めています。

よく、全国展開している大手事務所は、連絡がない、放置される、勝手に和解された、などの評判を見かけますが、当事務所ではそういった事のないよう、細心の注意を払い、お客様が納得のいく事件解決を心掛けています。

費用についても、完済している事件の過払い金返還請求は着手金0円、完全後払い制ですので、過払い金が回収出来なかった場合でも、調査にかかった費用を請求する事はしていません。

借金がある方のご相談についても、減額成功報酬はいただかないなど、依頼しやすい環境作りを進めています。

当ホームページをご覧になって、ホームワンへご相談されることを弁護士、スタッフ一同心待ちにしております。

代表弁護士 山田冬樹

Webから無料相談を申し込む

無料相談Web予約

過払い金返還請求に関する無料相談・無料調査はこちらからどうぞ。全国対応、お気軽にご相談ください。