任意整理のよくある質問

どのくらい時間がかかるのですか?

目安として、債務額の調査に2~3ヶ月程度のお時間をいただきます。

任意整理すれば、月々の負担は減りますか?

返済計画の見直しと利息のカットをすることで、減ります。

任意整理では、和解後の将来利息をカットするように交渉いたします。返済計画の見直しと利息のカットができれば、月々の返済額を減らし、完済の見通しを立てることができます。

家族に内緒で手続きできますか?

できます。

ご家族が、保証人や連帯保証人になっていない場合には、ご家族に知られずに任意整理できるよう配慮します。ご希望の際には、ご相談の際にその旨お伝え下さい。

昔の契約書をとっていないのですが、任意整理できますか?

できます。

ご依頼後、当事務所が業者から取引履歴を取り寄せることで、いつ、どこから、どのくらい借りたのかを調査できます。そのため、ご相談の際に、資料がなくても、どこから、どのくらい借りたのかをお伝えいただければ大丈夫です。

任意整理とは?

依頼後の返済はどうなりますか?

和解成立までは、業者へ返済する必要はありません。

弁護士が業者に通知を送った段階で、業者からの請求はストップしますので、弁護士が交渉して和解が成立するまでは、業者への返済をする必要はありません。和解成立後は、返済計画に沿って、返済を再開します。

遠方に住んでいるのですが、東京まで行かないと任意整理できないのですか?

来所いただかなくても任意整理できる場合があります。

相談方法については弁護士が総合的な事情から判断します。当事務所では、弁護士面談の際には原則としてお客様にご来所いただいております。ただし、お客様に「遠方に住んでいる」、「緊急性が高い」、「事案の性質上面談をしてからの受任が適当ではない」といった『特段の事情』がある場合には、電話での面談も受けております。

ご来所が必要かどうかの判断は、単に居住地との距離の問題だけではなく、お客様の総合的な事情、たとえば、交通手段が限定される程度や、健康状態、仕事の状況などから、弁護士が判断いたします。まずはお気軽にお問合せください。

対応エリア

任意整理をすると、ブラックリストに載りますか?

はい、載ります。

任意整理をすると、いわゆるブラックリストに載ります(信用情報機関に事故情報として記録が5年間保存されます)。その間は、クレジットカードや借入れの審査が通らなくなります。

任意整理をすると、家族カードも使えなくなるのですか?

使えなくなります。

親カードの債務(借金)について任意整理をすると、親カードはもちろんのこと子カードも使用できなくなります。詳しくは下記をご覧ください。

任意整理後の生活

任意整理をすると家族に影響はないんですか?

一部を除いて、ありません。

上で述べたような家族カードの場合や連帯保証人になっている場合を除いて、ご家族に影響が出ることは基本的にはありません。

任意整理後の生活

友人からの借り入れがあるのですが、任意整理できますか?

任意整理事件としては、お受けしていません。

個人間の金銭トラブルなどのケースについては、一般民事事件(有料相談)としてお取り扱いしています。

任意整理をすると、会社の法人カード(コーポレートカード)も使えなくなるのですか?

使用できなくなることは、まずありません。

法人カードの契約名義は会社であるため、個人の債務(借金)について任意整理をしても、法人カードが使用できなくなることはまずありません。

任意整理後の生活

任意整理をすると、クレジットカードに付帯するポイントは使えなくなりますか?

使えなくなります。

任意整理をすると、クレジットカード契約が解約になりますので、付帯するポイントは使えなくなります。

任意整理をすると、ローンの残っている車は使えなくなりますか?

基本的には、使えなくなります。任意整理の対象から外して、引き続き、自分で払い続ければ、使用できます。

任意整理では手続きの対象を選ぶことができるので、返済中の車のローンを対象から外せば、車を継続的に使用することができます。個人再生や自己破産では、車のローンも対象となるため、車は引き揚げられて、使用できなくなってしまいます。

任意整理後の生活

任意整理するにあたって、私がしなければならないことはありますか?

ほとんどありません。

任意整理では、弁護士が債権調査や和解交渉を行なうため、お客様にしていただくことはほとんどありません。ただし、もし、手元に業者との契約書や明細書があれば、ご提出いただきます。交渉での証拠資料となることがあります。

完済までどれくらいかかりますか?

3年から5年かかります。

任意整理では、基本的には3年から5年(36回〜60回)かけて分割払いして返済する計画を立てます。そのため、任意整理後、完済するまでは3年から5年かかります。

返済期間が短いのですが、任意整理するメリットはありますか?

期間が短い場合、おすすめはしません。

取引期間が短い場合は、任意整理をすると、長期の分割和解が困難になり、その結果、返済額が増えてしまうリスクがあります。期間が長い場合は、将来利息がカットでき、月々の返済額が減ることがあるので十分メリットがあるといえます。

クレジットカードでショッピングとキャッシング両方利用しているのですが、キャッシングだけを任意整理することはできますか?

できません。

クレジットカードに残っている債務全部が対象となります。そのため、キャッシングなどの一部の債務だけを整理することはできません。同じクレジットカード会社のカードを複数枚持っていた場合も、同様に債務全部が対象となります。

クレジットカードと借金問題

代表弁護士中原俊明
中原 俊明法律事務所ホームワン 代表弁護士

東京都出身、1987年 弁護士登録(東京弁護士会所属)、ホームワンの代表弁護士 中原です。一件のご相談が、お客さまにとっては一生に一度きりのものだと知っています。お客様の信頼を得て、ご納得いただける解決の道を見つけたい。それがホームワンの願いです。法律事務所ホームワンでは過払い金・借金問題に関する相談を受け付けています。

この弁護士のプロフィール

Webから無料相談を申し込む

無料相談Web予約

任意整理・借金問題に関する無料相談はこちらからどうぞ。全国対応、お気軽にご相談ください。