文化放送『くにまるジャパン 極』に山田冬樹弁護士が出演/618回テーマ 「住宅ローン払えなかったらどうする?」編

2021年02月16日

弁護士の山田です。

今回の『くにまるジャパン極』では、住宅ローンの支払いについてお話してきました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で収入が減って、住宅ローンの支払いに困っているという方が増えています。

住宅ローンの場合、2か月までの支払い遅れは督促状で済みますが、3か月未払いが続くと、強制競売の恐れが出てきてしまいます。たとえば毎月の支払額が10万円だとしたら、基本、3ヶ月分遅れたらアウトですので,未払いが30万円にならないようする必要があります。そのため、1月、3月、5月は支払ったけれど、2月、4月、6月は支払えなかった…という場合、強制競売になっていく可能性があります。

住宅ローンについては,支払いが厳しくなりそうと思った時点で、金融機関に相談することが大切で,何もしないで放置してしまうと取り返しのつかないことになってしまうことがありますで,注意が必要です。相談をすれば、状況にもよりますが,一定期間、返済額を減らしてもらったり、返済期間を延長できるかもしれません。たとえば住宅金融支援機構では、コロナ関連で収入が2割以上減った場合は、最長15年延ばせる可能性があります。でも何もせず,3か月延滞してしまうと、強制競売の危険があるので、まずは金融機関に相談することをお勧めします。。

3か月を経っても支払をしない場合は,民間の金融機関ですと、保証会社がローンを肩代わりすることになって、そちらに権利が移ります。また住宅金融支援機構では、債権回収を専門とする会社に債権の管理が移ることになり、家は,任意売却、あるいは競売されるという流れとなります。
任意売却とは、自分で自宅を売って、売却金を住宅ローンにに充てる方法です。競売だと裁判所を通じた入札で、一番高い値段を提示した人が不動産を買いとることになるため,どんなに安い値段でも文句は言えません。一方、任意売却は納得のいく値段で売ることができます。ただ、銀行との交渉も必要になってくることもあるので、専門家に依頼する方が多いです。

また,他にも借金があり,それを整理すれば,住宅ローンは支払えるようになる,という方は,1月に弁護士の中原がお話しした,個人再生という手続もありますので,住宅ローンや借金の支払いでお困りの方は、お気軽にお早めにホームワンにお問い合わせください。

◯関連情報
『くにまるジャパン極』614回テーマ「住宅ローンと個人再生」編


【出演情報】
◇日時
 毎週火曜 9:45~
◇放送局
 文化放送
◇番組名
 『くにまるジャパン極』
◇コーナー名
 「得々情報 暮らしインフォメーション ホームワン法律相談室」
◇618回テーマ
「住宅ローン払えなかったらどうする?」
◇出演
 番組パーソナリティ 野村邦丸さん
 番組火曜日パートナー 西川文野さん
 法律事務所ホームワン 山田冬樹弁護士