自己破産すると官報に個人情報が載る?

自己破産すると官報に個人情報が載る?

自己破産をすると官報に掲載されることになりますが、官報を実際に見たことがないという方がほとんどだと思います。
そもそも官報とは何か?自己破産をした人のどんな情報が官報に掲載されるのかなど、解説していきます。

官報とは?

官報とは、国が発行している新聞のようなもので、法律や政令・条約を国民に知らせる役割を持っています。掲載される内容は、政府や各省庁の決定事項や人事異動、国家試験に関する事項や競争入札など国に関わる様々な情報が官報で公開されており、その中に、自己破産や個人再生のことも記載されます。官報は行政機関の休日を除いて毎日発行されています。

自己破産すると、なぜ官報に載る?

自己破産をすると、本人は債務を免除されますが、債権を回収できなかった債権者には多大な影響を及ぼします。
債権者である金融機関やクレジットカード会社にとっては「債務者が自己破産をした」ということは重要な情報です。
債権者への影響を考えて、自己破産の情報は官報に掲載されると言われています。

また、一度自己破産すると、その後,約5~10年間は新たにローンを組むことができません。また,7年間は,再び自己破産をすることができないので、国の公的な書類として記録し、公開する必要があります。

官報に掲載される個人情報は?

自己破産手続を取ると、官報に手続内容や名前・住所などが掲載されます。
以下のような形式で官報に掲載されます。

項目記載される内容
事件番号平成〇〇年(フ)第〇〇〇号
住所細かく記載されます
氏名債務者 〇〇 〇〇
決定年月日時平成○○年○月○日午後○時
決定の内容等主文・理由の要旨・免責意見申述期間
裁判所名○○地方裁判所民事第○部(裁判所によって異なります)

官報に載るタイミング

自己破産の場合、「破産手続の開始決定が出た後」と「免責許可決定が出た後」の2回官報に掲載されます。

官報はどこで見ることができる?

官報販売所や書店で購入できる他、図書館でも閲覧できます。またインターネットで直近30日分の官報が無料で閲覧することができ、それ以前の官報も有料で閲覧することができます。

官報は誰が見ている、チェックしている?

下記に記した職業が官報をチェックしていると考えられます。

  • 税務署
  • 個人信用情報機関
  • 金融関係
  • 不動産関係
  • 警備会社
  • 保険会社

また、上記の職業以外に闇金業者がチェックしている可能性があります。

自己破産した人は,信用情報機関に登録されるため,しばらくの間、銀行や貸金業者からお金を借りることができなくなります。そのため,闇金業者は官報をチェックし,対象となる人に対し,高い金利でお金を貸して儲けようとしています。

まとめ

自己破産手続を取ると、官報に、手続内容や名前・住所などが掲載されますが、勤め先が定期的に官報をチェックしているような会社でない限り、一般の方がこれを見ることはまず無いと言えます。
現実的に、官報に掲載されることによって自己破産手続を取ったことが他の方に知れてしまうという可能性は低いと言えるでしょう。

代表弁護士 中原俊明 (東京弁護士会所属)
  • 1954年 東京都出身
  • 1978年 中央大学法学部卒業
  • 1987年 弁護士登録(登録番号:20255)
  • 2008年 法律事務所ホームワン開所

一件のご相談が、お客さまにとっては一生に一度きりのものだと知っています。お客様の信頼を得て、ご納得いただける解決の道を見つけたい。それがホームワンの願いです。法律事務所ホームワンでは過払い金・借金問題に関する相談を受け付けています。

Webから無料相談を申し込む

無料相談Web予約

自己破産・借金問題に関する無料相談はこちらからどうぞ。全国対応、お気軽にご相談ください。