子供の学費や自動車ローンで作った借金485万円を100万円に減額した事例

子供の学費や自動車ローンで作った借金485万円を100万円に減額した事例

40代/男性/自営業

借入件数
9
元の借入総額
485万円
月返済額 16.2万円
385万円
減額
手続き後の借入総額
100万円
月返済額 2.8万円
借入の経緯

個人で飲食店を営んでいたCさんは、住宅購入後、短期間で自動車の購入を繰り返し、子供を私立中学に入学させるための学費なども借金で賄っていたところ、妻が体調を崩し、減収したことにより借金の返済が苦しくなっていきました。また、税金の滞納も200万円近くに及んでいました。

Cさんの妻は、当事務所へご相談になる前に、他事務所で、任意整理を依頼されていましたが、Cさんご自身の借金も500万円近くに及んでおり、Cさん夫婦の家計状況では、返済は厳しいと感じ、当事務所にご相談に来られました。

ホームワンの対応

Cさんは、「車は保持したい」「住宅は手放したくない」との強い意向があり、個人再生での解決を希望されていました。Cさんが所有している自動車は、まだローンの支払が残っており、所有権が留保されている状態であるため、クレジット会社に自動車を返さなければならないことを説明し、ご納得いただいきました。

また、税金については個人再生手続による減額の対象外であり、個人再生手続を選択する上では、十分な支払い能力が確保できるかどうかが重要であるため、今後の税金の支払い方法について、ご自身で役所と相談し、しっかりとした支払い計画を立て、その上で、家計を見直さなければならないことを説明しました。

Cさんは、妻の協力も得られるという事で家計の改善を約束してくれましたので、個人再生手続でご依頼を受けました。

Cさんは非常に多忙でしたが、妻の協力もあり、申立に必要な書類はすぐに集まりました。また、ご夫婦で家計の支出を見直し、子供の学費も計画的に貯蓄し、滞納していた税金についても、役所で分納手続を取り、支払い能力も確保出来るようになりました。

手続面においても、住宅ローンを組んでいる銀行とカードローンの返済口座が同じであったため、その支払方法の変更や、自動車の返却にかかる手続などもサポートさせていただきました。

解決結果

裁判所から妻の減収後も支出が抑えられていないこと、また、車の購入を頻繁に行なっていることについて、本人直筆の反省文を求められました。当事務所で、参考文例などもご用意し、無事に反省文を提出することが出来ました。

また、税金の滞納についてもきちんと支払が出来ており、履行テストも完遂し、支払い能力も十分にあることが認められ、借金を100万円に圧縮する再生計画が認可されました。

個人再生の解決事例

詳細不明だった遺産を相続しつつ、借金650万を144万円に減額した事例

詳細不明だった遺産を相続しつつ、借金650万を144万円に減額した事例

40代/女性/会社員

パチンコで作った借金450万円を、個人再生で100万円に減額した事例

パチンコで作った借金450万円を、個人再生で100万円に減額した事例

40代/男性/会社員

営業ノルマや遊興費の借金1400万円を280万円に減額した事例

営業ノルマや遊興費の借金1400万円を280万円に減額した事例

50代/男性/会社員

住宅を手放さずに、借金667万円を133万円に減額した事例

住宅を手放さずに、借金667万円を133万円に減額した事例

50代/男性/会社員

Webからご相談を申し込む

Web相談申込

債務整理・過払い金のご相談や無料調査など、借金問題にかかわることはなんでもご相談ください。