裁判所に行かないといけませんか?/自己破産は弁護士へご相談を。法律事務所ホームワン

0120-316-279 ご相談予約受付5:30-24:00(土日祝も受付) Web相談申込
Q.

破産手続をすると、裁判所に行かなくてはならないのでしょうか?

原則として2度裁判所に足を運ばなければいけませんが、地方裁判所の運用により異なります。

1度目は、破産審問(破産手続の開始決定をもらうため)のとき、2度目は、免責審問(免責許可決定をもらうため)のときです。しかし、昨今、自己破産が多くなっており、手続きを迅速に進めるため、裁判所によっては、破産審問については、弁護士と裁判官の面談や、書面のみでの審査という裁判所も増えています。

東京地方裁判所の場合、破産管財人を選任する必要のない場合には(同時廃止事件)、免責審問のとき1度だけ行けばよく、財産の処分・免責不許可事由の調査等、破産管財人の選任が必要な場合には(少額管財事件)、債権者集会のときに原則1度(財産処分が終了せず数度出席が必要な場合もあります)、裁判所に行っていただく必要があります。なお、いずれの際にも、弁護士が同行いたしますので、ご安心ください。
ただし、東京地方裁判所以外の場合、1回ごとに出張旅費及び日当がかかります。

債務整理について、お気軽にご相談ください。

お電話からの無料相談

WEBからの無料相談 0120-316-279