個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリット

貸金業者からの催促が止まります

消費者金融やクレジット会社からの督促は、弁護士に依頼することで止まります。貸金業法21条で、貸金業者は、弁護士や司法書士から受任通知を受け取った場合、それ以後本人に連絡する事は禁止されています。

任意整理に比べ、借金の大幅な減額ができます

条件が整えば、住宅を手放さずに手続きができます

個人再生と住宅ローン特例

個人再生のデメリット

信用情報に、個人再生手続を取った事実が載ります

信用情報に、5~10年、個人再生手続を取ったという記録が残り、その間は、基本的に新たな借入れはできなくなります。ただし、任意整理を取った場合でも、その記録が信用情報に最長で5年残るため、借入れができないという状況は変わりません。

ブラックリストについて

官報で公告されます

官報とは、国が発行している新聞のようなもので、法律が制定された場合などに、それを公告するものですが、個人の裁判内容なども掲載されるため、個人再生手続を取ると、官報に、手続内容や名前・住所などが掲載されます。

ただし、お勤め先が定期的に官報をチェックしているような会社でない限り、一般の方がこれを見ることはまず無いと言えます。現実的に、これによって個人再生手続を取ったことが他の方に知れてしまうという可能性は低いと言えるでしょう。

個人再生の解決事例

Webから無料相談を申し込む

無料相談Web予約

個人再生・借金問題に関する無料相談はこちらからどうぞ。全国対応、お気軽にご相談ください。