Q.

自由財産拡張とは何ですか?

本来破産財団として処分・換価の対象となる財産について、今後の経済的再生に必要不可欠な財産であれば、破産手続上、処分の対象とはせず、破産した後も保有出来るようにする制度です。
ただし、今後の経済的再生に必要不可欠であり、破産管財人の意見を聴取した上で、裁判所から認めてもらう必要があります(上限99万円)。

自由財産拡張の申立てが認められれば下記のような財産については99万円(ただし合計額)まで継続保有できることがあります。

  • 預貯金
  • 生命保険解約返戻金
  • 自動車・居住用家屋の敷金債権
  • 電話加入権
  • 退職金の8分の1

また、稀に、生活上の著しい困窮を前提に社会的・一般的感覚としてやむを得ない状況の場合に、99万円を超えて自由財産拡張が認められるケースもあります。

自己破産 財産処分の関連事項

債務整理について、お気軽にご相談ください。

お電話からの無料相談

WEBからの無料相談 0120-316-279