消費者金融と過払い金

レイクの過払い金返還請求(2019年版)

当事務所がレイクから過払い金を回収した実績

  • 直近10年間の実績

    • 過払い金を回収した依頼件数1万965件
    • 総回収額89億8225万3634円
    • 1件あたり平均回収額81万9175円

    2009年1月1日~2018年12月31日まで

  • 直近1年間の実績

    • 過払い金を回収した依頼件数430件
    • 総回収額4億3900万2066円
    • 1件あたり平均回収額102万935円

    2018年1月1日~2018年12月31日まで

レイク(新生フィナンシャル)の最近の動向

  • 2015年10月 シンキ(現新生パーソナルローン)と経営統合
  • 2011年10月 新生銀行に「レイク」の新規募集・契約に関わる営業資産を譲渡
  • 2011年9月 「レイク」の新規募集・契約を終了
  • 2009年4月 GEコンシューマー・ファイナンスから新生フィナンシャルに社名変更
  • 2008年9月 GEコンシューマー・ファイナンスを新生銀行の子会社に。

レイクの過払い金返還請求における特徴

2011年10月1日、新生銀行は、それまで子会社の新生フィナンシャルに行わせていたカードローンを銀行本体で行うようになりました。それ以前に新生フィナンシャルが扱っていた取引は、そのまま新生フィナンシャルが行い、新生銀行に引き継がれることはありません。

そのため、レイクの過払い金請求は、新生銀行に対してではなく、新生フィナンシャルに対して行なうことになります。

和解については、任意交渉の段階においても、裁判上での請求についても比較的スムーズに和解ができています。

レイクの過払い金の注意点(新旧レイクの主張)

1998年11月の前後で、同じ株式会社レイクでも全く違う会社に切り替わったことを理由に、新生フィナンシャルは、それ以前の取引で生じた過払い金については一切支払いをしてきません(いわゆる「新旧レイク」の主張)。

この新旧レイクの主張をめぐっては、全国で多数の裁判が起きていますが、残念ながら新生フィナンシャルの主張を認める判決が圧倒的多数であるのが現状です。

レイクの会社概要

商号 新生フィナンシャル株式会社
URL http://shinseifinancial.co.jp/
本社所在地 東京都千代田区外神田三丁目12番8号
資本金 1億円
貸金業者登録番号 関東財務局長(8) 第01024号
旧社名など 新生パーソナルローン(シンキ)、アプラスフィナンシャル、新生カード、GEコンシューマーファイナンス(旧社名)

アイフルの過払い金返還請求

貸金業者の動向一覧

貸金業者の動向を会社ごとにまとめています。

Webから無料相談を申し込む

無料相談Web予約

過払い金返還請求に関する無料相談・無料調査はこちらからどうぞ。全国対応、お気軽にご相談ください。