借金はどのくらい滞納すると時効になるのですか?/任意整理は弁護士へご相談を。法律事務所ホームワン

0120-316-279 ご相談予約受付5:30-24:00(土日祝も受付) Web相談申込
Q.

借金は、どのくらいの期間滞納していると時効なんですか?

貸金業者から借り入れた場合、時効は5年。最終支払日から5年間支払いをしていなければ時効になる可能性があります。

消滅時効とは、一定期間継続して権利が行使されないとき、その権利を消滅させる制度です。

貸金業者から借入れした場合の時効期間は5年(信用金庫、信用組合、個人の貸金業者は10年)ですので、最終支払日から5年間支払いをしていなければ時効になる可能性があります。但し、債務者が債務(借金)の存在を認める行為をすると時効は中断し、債務(借金)を承認したときから5年経過しないと時効になりません

また、債権者から、裁判上の請求をされたときなどは時効が中断しますし、判決等が確定すると、時効期間は確定したときから10年となります。
なお、時効期間が経過しただけでは債務(借金)は消滅しません。時効期間経過後、相手方に対し、時効主張(時効の援用)をしなければなりません。

このように対応如何によっては、時効の主張ができなくなることもありますので、ご自身で対応することなく、弁護士にご相談されることをお勧めします。

債務整理について、お気軽にご相談ください。

お電話からの無料相談

WEBからの無料相談 0120-316-279